実体験

猫好きフォロワーがしたRTで猫が嫌いになった話

投稿日:

今はもうTwitterごとやめたので更新していないが、数年前に2つ目のメインアカウントを作った。

そのアカウントの最初の辺りのフォロワーが猫好きの方で、さっそくDMが送られてきた。

内容が「ぬこ好きさんですか?」だった。

最初「は?」って思った。

「ぬこ好きさんですか?」の「ぬこ好き」が自分の名前なのかと思ったからだ。

(名前を勘違いされているのかと思った)

その頃のうちは『ぬこ』というネット上の『猫』を意味する言葉を知らなかったんだよね…。

『お前うちのプロフィール見たの?(怒)それともただ単に馬鹿なの?』とか思いつつ、「ひかりんです!犬と猫どっちも好きです」と送った。

(中の人は本当は猫や犬より鳥が好きだった)

そしたら、「すみません、猫さんが好きなのかと聞いたんですが。」と返事が来た。

ちょっと言い方が気に入らなかったけどね…。

その後にDMを一旦閉じてTL見てたら、さっきの猫好きの方がしたRTでTLが埋まった。

いくらスクロールしても、猫。猫。猫。猫だらけ。

あまりにも不快になったので、半分申し訳ない気持ち「こいつ猫のツイートのRT多すぎ!気持ち悪ッ!」という気持ちの半分で、そのDMをくれた猫好きユーザーをミュートした。

その猫好きユーザーをミュートする前に、「鳥ちゃんマジ可愛い!フワフワした体から2本の細い棒(脚)が出てるのマジ最高!」って感じのツイートしたら、そのツイートに猫好きユーザーが「(´・ω・`)」とリプをくれた。

どういう意味の(´・ω・`)なのかよくわかんなかったが。

 

それ以来、『猫』が少し嫌いになった。

avatar

アルミス

TLがその猫好きユーザーのRTで埋まってガチでドン引きしたわ…

-実体験

error: このコンテンツの使用は禁止されています。 もし不正使用を発見しましたら、このブログのサーバーにあなたのIPアドレスが記録されます。

Copyright© 天夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.